カテゴリ:architecture( 7 )

国立新美術館

特に予定の無い日曜日。

ふと国立新美術館が開館したのを思い出し、乃木坂へGO。

乃木坂の駅から直結していて、途中の真っ白で天井がうねった階段が期待を膨らせます。

で、階段上がりきるとチケット売り場。

中へはフリーで行けるけど折角なので美術品も堪能しようと
とりあえずチケット購入し中へ。

駅からくると残念なのが裏側からの侵入。
出来れば正面から入りたかった。

中に入ると

b0027524_21542999.jpgb0027524_21544530.jpgb0027524_21545536.jpg
こんな感じ。いいよ、いいよこの感じ。
ちょっと東京国際フォーラムを彷彿させるところもありますが
基本的にはいい空間です。
逆円錐は1階のフロア面積を広く取り、2,3階の吹き抜け部分の面積を有効に使う形。
この逆円錐が迫力あっていいです。

展示も見ました。中は結構広くて最後の方はだれてました。

展示を見終わって16:30。疲れた&腹へって遅いランチ&早いディナー。
折角なのでブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ で。
b0027524_2254859.jpgb0027524_2255988.jpg
写真撮るとカックイイ。

b0027524_2214086.jpgb0027524_2215117.jpgb0027524_222076.jpgバターは300円。
たまにバター別料金のところ
あるけどちょっと高いよね。
余ったバター持ち帰られないのが辛い。
b0027524_2234091.jpgb0027524_2234955.jpgb0027524_2235955.jpg
b0027524_2241624.jpgb0027524_2243145.jpgb0027524_2244025.jpgメインの羊がデカイ。
美味しいけど食べ終わった時は
お腹パンパン
b0027524_2292423.jpgb0027524_225106.jpgb0027524_2252086.jpg
味は美味しいです。値段はギリギリ合っているかなぁ?と思います。
(場所・雰囲気・色々な要素を含めてね。ただもうちょっと席の間隔を離して欲しい。
あと、テーブルの奥行きが短い!フォークを2回も落としちゃいました。)
そして、僕らに付いたギャルソンがダメダメでした。
他のギャルソンは良さそうだったけど。
上記の写真で¥11,000くらいでした。
ランチは¥1,800みたいなのでこちらはお得でしょう。

食べ終わったらショップやらフリーの展示(黒川紀章展)
や屋外展示場やってたこれ↓(美術館の中からチラッと見ただけ)
b0027524_2216244.jpg
を見ようと思ってたのに閉館時間に・・・早ぇーよ、閉館!
見逃したのは痛い・・・。

また行きたいと思います。
b0027524_22352428.jpg
[PR]
by yasu_hama | 2007-01-28 23:59 | architecture

家建てるというので

お勧めの本
宮脇檀の住宅設計テキストb0027524_2161459.jpg
その辺の本買うよりこれ読むほうが
ためになります。
と気になるところに付箋までして
郵送したのに、高校の同級生は
なんの音沙汰もなし・・・。

参考:宮脇 檀(ミヤワキ マユミ)の
[PR]
by yasu_hama | 2006-05-23 21:07 | architecture

渋谷区ふれあい植物センター→龍の髭

渋谷区ふれあい植物センターに行きました。
お近くの人は是非どうぞ。
b0027524_2351312.jpgb0027524_23513844.jpgb0027524_2351476.jpgb0027524_23515514.jpg
b0027524_2352742.jpgb0027524_23521531.jpgb0027524_23522292.jpgb0027524_23523084.jpg
b0027524_23523753.jpgb0027524_23524665.jpgb0027524_23525589.jpgb0027524_2353375.jpg
b0027524_23531073.jpgb0027524_2353172.jpgb0027524_23533342.jpgb0027524_2353261.jpg
その後渋谷の龍の髭へ。
b0027524_045462.jpgb0027524_05286.jpgb0027524_05944.jpgb0027524_051688.jpg
b0027524_052393.jpgb0027524_053174.jpgb0027524_054253.jpgビール
豚の角煮チャーハン
回鍋肉
餃子
大根餅
キムチ豆腐煮込
そして植物園から龍髭に行く途中、ある看板を見た。
ある看板↓
b0027524_0155110.jpg
これ見て、おっ!なかなかカワユイ女の子がデビューしたのかなと
じっと見ていたら・・・よく見ると ayumi hamasaki と書いてある・・・。

だ、だ、だまされた~

不覚にもカワユイと思ってしまった自分に反省。
遠くから見るとね、カワユク見えたりしてみたり・・・遠くからね・・・。
ちなみにHPで見るとそうでもない。
[PR]
by yasu_hama | 2006-03-05 23:56 | architecture

見ねーとな

b0027524_1215069.jpgMy Architect

「マイ・アーキテクト」 ~上映時間~
Q-AXシネマ2 173席 ドルビーデジタル / DTS
2006年1月28日
第1回 21時15分 ~ 23時15分

上映日程調べたら、第1回の上映日程しかない・・・
って、1回だけの上映???


1974年3月のある日、ニューヨークのペンシルヴェニア駅で一人の男性の死体が発見された。その男の名はルイス・カーン。美術館や国会議事堂など、世界中に数々の有名建築を創造した人物であったが、その私生活は意外なほど破天荒なものだった。それから30年、息子ナサニエル・カーンは父親の足跡を辿る旅に出る。その旅を通じて彼が発見したものとは……。

第76回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた秀作がいよいよ日本上陸する。20世紀の建築の巨匠ルイス・カーンの謎に包まれた人生を、映画監督となった息子が明らかにしていくというもの。それは同時に、完全主義を貫き建築家として成功したカーンの“表の顔”と裏腹な私生活までも暴露することになる……。生前のカーンが手掛けた建築物の美しさに酔いしれながら、ラスト、ひとつの真実にたどり着く息子の姿を見て観客は涙すること必至だ。
[PR]
by yasu_hama | 2006-01-23 12:03 | architecture

リファイン建築の講演会を聞いて

11/29に北山創造研究所青木 茂さんの講演会
「建物のリサイクル・・・リファイン建築の点と面」
があり、行ってきました。
「リファイン建築とは…
従来の増改築とは異なり、大胆な意匠の転換や用途変更、
耐震補強を驚くべき低コストで実現し、老朽化した建物を
まったく新しい建物として蘇らせる建築システムです。」(HPから引用)

というものなのですが、建築的なことは置いといて、講演会に行って思うのは、
名が世に出てくる人は信念を持って、それを具現化するすさまじいエネルギー
を持っているなと感じます。

講演会が終わったあと興奮して会場を後にしますが、次の日会社に行って
目の前の仕事を始めると、彼らと自分のポジションの違いを痛切に感じられ
ただただ、・・・・・痛いです。

がんばらねーとな。
[PR]
by yasu_hama | 2005-12-01 13:01 | architecture

Tokyo Designer's Week 2005

Tokyo Designer's Week 2005
参考HP:Creators Channel
b0027524_183515.jpg

優れたデザインの持つパワーを体感できるユニークなイベント、
東京デザイナーズウィーク。

11月2日〜6日の5日間、都内約100箇所で様々な最新デザインを発表します。
「生活デザイン」をテーマに、ショップ・企業・デザイナー・学校・大使館・メディア等が一堂に会する5日間は、ショップイベント・展示会・講演・インスタレーション・パーティなど多彩なイベントが目白押しです。

開催期間:
2005/11/2(水)〜11/6(日)
中央会場:
青山 明治神宮外苑絵画館前広場

・ミュージックイベント
 (なんと、UAシンディー・ローパーが歌う!)

・デザインフォーラム
 企業デザイナーの本音に迫る、デザインセッション&
 サイトウマコト×佐藤可士和×鄭秀和×濱野の
 トップクリエイターデザイントーク!

・日本初上陸・100% Design Tokyo (19時まで:ご来場はお早めに!)

・4日連続・連夜開催、ナイト・パーティ
 (100% Design 会場が終わった後、毎日来ても楽しめる!)

・毎年お楽しみの「コンテナ展」「学生作品展」

.....今から楽しみなイベントめじろおし。

「事前登録チケット」を利用すると、500円引きで入場可能!

詳細情報は各カテゴリーページで紹介していきますので
チェックしてから会場へ!

って感じ。(一部ウソが含まれています。)
[PR]
by yasu_hama | 2005-10-27 17:57 | architecture

hhtyle.com/casa

原宿のキャットストリートをぶらぶらしてたらhhtyle.com/casaが新築していて、
外観に興味を惹かれ、入ってみました。
中にはARMANI CASA (アルマーニ カーザ)などが入ってました。
そして、この建物設計は安藤忠雄氏。
が、しかーし!建物の良さと中身がかみ合ってない。
アルマーニのインテリアが生かされない内装の仕上げ・・・
建物自体・中身の商品それぞれはいいんだけど。
残念。
PS.このショップ、女性はスカートで行くとスカートの中身を見せる羽目になる
(ステンレスの鏡面仕上げの床がある。しかも2カ所!)のでご注意。
[PR]
by yasu_hama | 2005-04-03 01:15 | architecture